FC2ブログ

鎌田實氏「忘却力」は生きるうえでプラス 新しい人生への第一歩

コラム
05 /12 2021
記憶力がよいこと、忘れないことは賞賛されることが少なくないが、一方で「忘れること」も人が生きていく上で重要なことである。諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師が、「忘却力」がもたらす効用ついてつづる。

 * * *
『君の名は』は、1952年からNHKラジオで放送されたドラマである。その後、岸恵子と佐田啓二で映画化されたり、何度もテレビドラマになっている。ぼくは子どもだったので、よく覚えていない。でも、ラジオドラマの冒頭のナレーションは気が利いている。

「忘却とは忘れ去ることなり。忘れ得ずして忘却を誓う心の悲しさよ」

 そう、人は、記憶と忘却をコントロールすることができない。忘れてしまいたいことはいつまでも覚えているし、覚えておかなければならない記憶もいつしか薄れていく。

 記憶をコントロールできる人がいるとすれば、都合が悪いときに「記憶にございません」を乱発する政治家や官僚くらいなものだろう。

忘れるからこそ何度も味わえる新鮮な感動
 ぼくは、忘却力には自信がある。本屋で立ち読みして、なかなかおもしろい本だなと思って買い求めたら、自宅の本棚に同じ本があったなんてことがある。本棚の前で一瞬がっかりするが、それもすぐに忘れてしまう。同じ本を何度も新鮮な気持ちで読めるのだから、まあいいか、とも思っている。田村隆一の詩集なんか、何度感動したことか。

 この記憶力の悪さは今に始まったことではない。学生時代の試験では、暗記もので苦労した。その点、数学は公式さえわかっていればいいから、わりと得意だった。

 医師になってからも、新しい薬の名前を覚えるのにとても苦労した。メモ帳を持ち歩き、一日に何度も見直して覚えるように努力していた。

 そもそも人間は忘れるようにできている。心理学者のヘルマン・エビングハウスが忘却曲線というのを発表している。無意味な音節を記憶し、時間の経過によってどれだけ忘れるかを示したものだ。それによると、20分後には42%忘れる。1時間後には56%忘れ、1日経つと74%忘れるという。こんなに忘れるなら、ぼくの忘却力なんて大したことはない。

 ただし、これは意味のない音節の記憶だから、忘れるのも早い。意味があったり、エピソードがはっきりしている場合は、記憶はもっと長時間保持されると思う。

 かつて、カタカナの羅列である薬の名前を覚えるとき、メモに書いて、1時間後、2時間後に見直し、寝る前にも見直した。それを数日繰り返すと、ようやく記憶が定着した。あの苦労は忘却曲線との闘いだったのだなと思うと、なんだか感慨深い。


知識も新陳代謝が必要だ
 人間は、忘れるようにできている。だとしたら、記憶力の悪さは「欠点」なのだろうか。自己弁護するつもりはないが、「忘却力」というのも生きるうえでプラスに働くこともあるのではないか。

 まず、嫌な目にあっても、忘れることで心を穏やかに保つことができる。ぼくは、嫌なこともたいてい忘れてしまう。悪口を言われても、根に持たない。憎しみを持ち続けるなんてことはこれまで一度もなかった。悲しみも、時が経てば薄れていくように、忘却力が心の「日にち薬」になっていく。

 忘却は、思考の整理になるというのは、ベストセラー『思考の整理学』(ちくま文庫)で知られる外山滋比古氏である。忘却と記憶は、吸って吐く呼吸のように一対で、忘れるからこそ、新たな記憶ができると考えている。

 この考え方はとても納得できる。中高年になると、若いころに得た知識をずっと覚えていて、それが古くなっていることに気が付かないことがある。でも、忘れることができるからこそ、新しいことを記憶することができる。知識の新陳代謝がなされるのである。

 外山氏は『忘却の整理学』(筑摩書房)のなかで、こんなことも書いている。

「コンピューターは記憶の巨人である。(中略)完全に大量の情報を記憶し、それを操作、処理する能力をもっている。完全記憶を実現しているが、個性がない。忘却ということを知らないからである。記憶力だけなら人間はコンピューターにかなわないが、忘却と記憶のセットで考えれば、人間はコンピューターのできないことをなしとげる」

 なるほど。忘却という情報の選択は、その人らしさ、個性につながるということなのだ。

可視化することで記憶を生かせる
 忘れることの最も大きな副産物は、頭の中の消えてゆく記憶を記録して可視化する方法を生み出したことだと思う。忘れてしまってもいいように、脳の外に記憶をためておくのだ。

 ぼくは、毎日の出来事を10年日記に書いたり、ブログ「八ヶ岳山麓日記」に綴っている。本の感想を書きこむ読書日記もつけている。先日、10年日記に書き込んでいたら、ちょうど1年前のこの日、Aさんが亡くなったことに気が付いた。すぐに、Aさんの家族に電話をかけた。

 記憶力がよい人だったら、頭の中で「ああ、Aさんの命日だな」と思って、その後は何も行動しないかもしれない。でも、記憶が紙の上で可視化されると、その記憶がもつ意味をはっきりと確認することができるから、ご家族に電話をするという行動にもつながりやすい。記憶が可視化されれば、より生かしやすくなるということだ。

 ぼくの電話に、Aさんのご家族はとても喜んでくれた。すっかり忘れていたことは、もちろん内緒にしておいた。

意図的忘却で新しい自分になる
「日曜はがんばらない」(文化放送、日曜朝6時20分~)のゲストに、音声SNS「クラブハウス」で人気のジョン・キムさんを迎えた。韓国で生まれ、早くに両親を亡くした。日本に国費留学し、その後、アメリカ、ヨーロッパで学んだ。その経験を書いた『媚びない人生』(ダイヤモンド社)は数年前に話題になった。

 彼は、日本に来る時、飛行機の中で要らないものをすべてリストアップし、それらを意識的に忘れ去る決意をしたという。意図的忘却である。

 ぼくはこの話にとても共感した。コロナ自粛で内省の時間がたっぷりある今だからこそ、自分の生き方を振り返って、要らないものは意図的に忘れてしまってもいいのではないか。そんなぼくの意見に対して、キムさんも同意してくれた。

 忘却は、新しい記憶、新しい人生のため第一歩になりうる。だとしたら、忘れることを怖がる必要なんてないのだ。とりあえず、水道の水の出しっぱなしだけ忘れなければ、ほぼほぼOKである。




「タダのいい人」が金持ちになれない理由

未分類
05 /12 2021
◆高リターンを得るためには「イヤなヤツ」になる必要も

お金の運用で「どの市場の、どのセクターに自分のお金を投じれば、最も高いリターンがあるのか」を考えるように、人に対しても「成功するには、誰に対してどのような言葉を使えば最も高いリターンがあるのか」を取捨選択するのは、至極当然でしょう。

そしてそれは、自分の人生をよりよくしていくための戦略です。

ただし、その戦略を実行しようとすれば、「いい人」ではなく、パッと見「イヤなヤツ」となる場面も増えるものです。

実際、「いい人」と「仕事で成果を出す人」とは相反することが多いものです。

著名な経営者の評判を調べればわかるとおり、社内で怒鳴り散らしているとか、わがままばかり言うとか、周囲を振り回している人がほとんどです。

年月が経った今は穏やかな人であっても、若かりし頃、つまり発展途上のときは台風のようにハタ迷惑だった人は少なくありません。

そもそも彼らは、万人に好かれようとは微塵も思っておらず、自分にとってメリットがありそうな人に好かれればいいと本能的に悟っています。

だから、彼らはターゲット人材には徹底的に言葉を選ぶと同時に、関係ない人にはあまりに素っ気ない。炎上や誹謗中傷もまったく気にせず、天上天下唯我独尊といった感じです。

◆ただの「いい人」はなぜダメ? 「できる人」との違い

こうした彼らの態度・言動を見た凡人には、「金持ちはいけ好かない」「イヤなヤツが多い」と映る。「そうまでして成功したくない」という人もいるでしょう。

もちろん、それはそれで本人の選択です。しかし、「いい人でありたい」「誰からも好かれたい」という人は、突き抜けた成果を出すことはあきらめる必要があるのではと思っています。

そもそも、いわゆる「ただのいい人」がなぜダメかというと、他人との摩擦を恐れて自己主張しないからです。

独自の意見・主張・提案を示せば、それがイノベーティブなものであればあるほど、周囲の反発が起こる。「理解できない」「頭がおかしい」「どうせすぐダメになるさ」と非難される。

それでもなお、その考えを貫こうとすれば、周囲からは「なんだあいつ」「生意気なヤツだ」となる。業界や同業他社からも圧力を受ける。場合によっては訴訟や政府とのケンカにも発展する。

しかし、摩擦を恐れては何事かを為すことはできません。あなたの周りを見ても感じないでしょうか。摩擦をおこさない「いい人」は、様々な場面で、ただの傍観者であり、追随者でしかないことに気づくはずです。

「できる人」は、人と意見がぶつかること、周囲の反対に遭うことを恐れず(最小限に抑えつつ)、あるいは回避しながら自分の思い通りにコトを運ぼうとするものです。たとえば以下のようなことです。

◆顧客を煽る

恋愛では「好き好き」と言う側よりも、本音はともかく「いつ別れてもいい」「そんなに興味はないね」とういう素振りができる側が、2人の関係の主導権を握るものです。

つまり、駆け引きができる人のほうがより相手をゲットしやすくなるということ。

そしてこれは、ビジネスでも必須のスキルとなります。

たとえば、顧客から「この商品ありますか?」と聞かれたときも、「あの商品は人気なので確か在庫切れで……、ちょっと待ってください、倉庫を確認してきます」「お客さん、ラッキーです! 1つだけ在庫がありますよ!」そうやって顧客の狩猟本能を刺激します。

不動産業界でも似たようなトークが展開されることがあります。たとえばオトリ物件(その物件は売れてしまっていても、顧客の問い合わせを増やすための物件)は本来は違法なのですが、「すみませんお客さん、あの物件、タッチの差で売れてしまいました!」とやることがあります。

顧客は残念な気持ちになる一方で、次は逃すまいと、やはり狩猟本能を刺激される。そうすると、次に紹介された物件がそれほど良くないものでも、「また逃すかもしれない」という恐怖心が働き、飛びつくというわけです。

◆稼ぐ人は「売ってください」と言わせる

「売れないと会社に帰れないんです」「私を信じて買ってください」などと感情に訴え懇願する人がいますが、そんな気合と根性だけで商品が売れるほど世の中は甘くないでしょう。

稼ぐ人は、自分から「買ってください」とは言わず、顧客の方から「売ってください」と言わせるようなセールスを組み立てます。

これは編集プロダクションの人に聞いた話ですが、編プロの担当者が、出版社のところに企画を売り込みに行ったときのこと。出版社はいつも売れるネタを探している。だから売れそうなテーマや企画があれば、やってみたくなるものだ。

もちろん編プロの彼も、その期待に応えられるよう、新たな企画ネタを持ち込む。

しかし編プロの彼は、絶対に自分のほうから「この企画でお願いできませんか」などと売り込みをしない。それよりも、どうしたら相手の方から「お願いします」と言わせるかにフォーカスしているという。

出版社「何かおもしろい企画ないですか」
編プロ「そうですねえ。たとえばこういうテーマもありかもしれませんね」

と、今思いついたかのごとく、さりげなさを装って答える。もちろんこれは彼が考えに考え抜いた企画なのだが、そんな態度は微塵も見せない。このとき、売れそうな企画は、優秀な編集者なら必ず食いついてくる。

出版社「なるほど。それ、こういう切り口で攻めれば面白くなるんじゃないですか?」
編プロ「ああ、確かに。それはいいかもしれませんね」
出版社「それ行きましょうよ。今月中に企画書出せますか?」

そこで彼は、本音では「ぜひ!」という気持ちなのだが、あえてちょっと引いてみせる。

編プロ「いやちょっと今、たて込んでいまして……」
出版社「そこをなんとか頼みますよ」
編プロ「わかりました。なんとかやってみます」

とやって、お願いする立場からお願いされる立場へと持っていくという。

こちらからお願いすれば、相手が出す条件を飲まざるを得ない。それはもちろん自分に不利になりやすい。しかしお願いされる立場なら、こちらに有利な条件でコトを運ぶことができるというわけです。

◆ウソもハッタリも効かせる

自分がちっぽけな時期にチャンスをモノにする、競争相手がたくさんいる中で仕事を得るには、時にはウソをつくこともあります。

しかし、そうした局面でのウソは、本人に相応の覚悟と度量が要求されます。なぜなら、それがウソとバレたら信用失墜や債務不履行になることもあるからです。

逆に、ウソも実現させれば詐欺ではなくなり、「やはりウワサどおり、すごいですね」となる。

だから知人のIT会社の社長は、どんなムリなシステム案件でも、「もちろんできます。お任せください」といって仕事を取ってくるそうです。

もしできなければ代金はもらわなくていい。しかし、できれば大きな実績となる。そうやって彼は、わずか1年で社員が100名の規模まで成長させました。

ハッタリも、底辺の人間がのし上がる方法のひとつです。

たとえば勝算のあるビジネスなどでカネを借りるときです。

たとえば100万円必要なとき、最初から「100万円貸して」では、50万円とか30万円に減ってしまうから、いきなり「500万円貸してくれないか」と吹っかける。すると、たいていは「そんなのムリ」となる。

そこで「では200万円なら?」「それもダメ」「では100万円だけでも」「わかったよ、ちゃんと借用書書けよ」となる(可能性が高まる)。人は同じ要求をそう何度も断れないものだからです。

これは金額交渉だけでなく、仕事でも同じです。たとえば「あの報告書、いつまでに出せる?」と上司に言われたら、「来月中には」と余裕を持たせて答える。

すると「馬鹿言うなよ」となるので、「では急いで今月末までには提出します」と、やはり余裕を持ったスケジュールを確保できる。

もちろん「できない」烙印を押されないよう、通常の業務状況や仕事の種類は選ぶ必要がありますが、ハッタリをかますことで自分に有利な状況を作り出すことができます。

部下への指示でも、「1人最低30人集めろ」というと、「そんなのムリ!」という反応が返ってきても、それでもなんとか頑張って10人位は集めてくるものです。

「今月のノルマは1人1000万円!」というと「無理っす!」と言いながら500万円くらいは頑張るはず。

少なくとも「1人最低10人集めろ」とか「今月のノルマは1人200万だ」というより、達成幅は大きくなるでしょう。

◆期待ギャップをうまく使う

もしあなたが上司の立場で、「今度のボーナスは期待しておいてくれ」と煽っていながら、実際の金額が10万円だと、「何が期待しておいてくれだ!」と部下のブーイングとなります。

しかし、「今度のボーナスはすまんが雀の涙で、飲み代程度にしかならないかもしれない」と期待を下げておけば、10万円のボーナスを見たとたんに「おっ! やった! 思ったより多いじゃん!」となる。

つまり同じ金額を使って感激度を上げるには、期待値からの上振れを演出することにあります。これは、お金だけに限らず、たとえば相手から「悪い知らせです」と言われたら、何事かと身構えるでしょう。

上司から「○○クン、今日は悪い知らせがある」と言われたら、リストラか何かと恐怖が身体を走るかもしれません。

しかし直後、「社員旅行の行き先が、ハワイから熱海に変更になったんだよ」と告げられれば、「なんだ、ビビったよ」と安堵感となり、旅行先のグレードダウンには文句を言うことはないでしょう。

あなたが部下で、上司に「部長、悪いお知らせです」と言うと、上司は「自分に火の粉が降りかかるような何か重大なヘマをやらかしたのか」と緊張します。

しかしその内容が、「取引先から1割の値引きを要求されたのですが……」であれば、上司は「なんだ、そんなことか」とホッとし、「わかった、その条件で進めてくれ」となる(かもしれない)。

これは子どもでも使うテクニックです。「お母さん、ごめん、テストの点数が最悪だったんだ……」母親は相当悪いんじゃないかと覚悟しつつ、「まあ、何点だったのよ」と聞く。そこで「98点だったんだ」とやれば、「なによ、すごいじゃない!」となる。

「うん、でもね、それは国語で、算数は60点だったんだ」とやれば、「そう。まあいいじゃない、次に頑張れば」と母親からの叱責をかわそうとするものです。

しかし、凡人はこの逆をやります。悪いことを「いや、大したことではないんですが……」と悪くないようにごまかそうとするから、「ばかやろう、きちんと交渉してこい!」となるのです。

悪いことを、むしろ良いことのように表現し、叱責などから身を守るテクニックというわけです。

これらはわかりやすいように表現したサンプルに過ぎませんが、相手が感情を持つ人間である以上、自分を有利にしていくには「話し方」がカギを握っています。

そう考えると、会話を運ぶ戦略性の有無が、結果に影響を与えることは推して知るべしです。

年収が低くてもできる!資産を築ける人の特徴5つ

生活
05 /12 2021
◆年収が低くても貯蓄・資産を築ける人の5つの特徴とは?

相談者の中には、世帯年収が300万円くらいでも、豊かに暮らし「貯蓄額」も「資産」もしっかり増やしている人もいます。

その人たちは、以下のような特徴が挙げられます。

・家計管理をしっかりしている
・こつこつ確実に貯めている
・車やマイホームに見栄をはらない
・資産運用をしている
・財布は1つで、夫婦仲が良い

それでは早速、5つの特徴をみていきましょう。

◆特徴1:家計管理をしっかりしている

年収が少なくても家計簿をつけて、収入の範囲内で先取り貯蓄をし、残ったお金で生活をする、という一見当たり前のことをしっかりとやっています。

また、ファイナンシャルプランナーに相談をし、より確実な家計管理の方法や、今と未来のお金についてしっかり向き合い、考える姿勢があります。相談を受けていても、親の教育や金銭感覚が良いのだろうなと感じることが多いです。

◆特徴2:こつこつ確実に貯めている

貯蓄額が一気に増えたり減ったりということがなく、毎月・毎年確実にこつこつとお金を貯めています。

「うさぎとカメ」に例えたら、「カメ」タイプですが、決して遅いというわけではなく、「資産形成の歩みを止めない」ことに意味があるのだと思います。

◆特徴3:車やマイホームに見栄をはらない

車にはお金をかけていない人が多く、型落ちや中古車に乗っているケースがほとんどです。

マイホームに関しては、予算の範囲内で気に入ったものが出るまでじっくり探し、結果的に納得のいく物件を1000万円ほど安く購入している場合もあります。

普通の人がマイホームを買う時は、割と「気に入れば高くてもよい」という感じで、どんどん予算オーバーしていく人が多いのに対し、「予算」の範囲内で「価値と値段」が一致するものを探していくので、高値掴みをすることがありません。

◆特徴4:資産運用をしている

少額を毎月積み立てるように、投資信託を買い資産運用をしています。少しだけ株式や外貨を買うこともありますが、失っても困らない金額に留め、経済やマーケットにも興味を持っています。

こういった人も最初の頃は、資産運用に関して基礎的な部分をしっかり勉強していたようです。

◆特徴5:財布は1つで、夫婦仲が良い

夫婦の収入は1つの財布にまとめ、そこから貯蓄や生活費と充てていくので、家計の透明度も高く、貯蓄の計画も立てやすくなります。

そして、夫婦仲が良く、家族と自分の未来や家計について、いつも話し合うことができているようです。深い愛情と絆を持った夫婦が、一緒に資産形成することで、強い家計を作っているといえます。

◆5つの特徴を持つ人は、その後年収が増える可能性が!?

このように、年収が低くても貯蓄や資産を増やしている人の特徴を書き上げていくと、『となりの億万長者』という本を思い出します。一見地味な暮らしをしているけど、実は億万長者という……。

今はまだお金に余裕がないかもしれないけれど、これらの特徴を持った人は、お金持ちになれる素質があると思っています。なぜなら、相談を受けている中でも、この5つの特徴を持った人はその後、年収がぐんぐん伸びている方が多いからです。

金銭感覚が良く、努力家でこつこつとキャリアアップできる人が多い。そして、夫婦仲が良いため、ストレスも少なく幸福度も高いのではないでしょうか。

このような人であれば、「安心して仕事が任せられる」と信頼も得られやすく、出世しないわけがないですよね。これこそが、家計管理をきちんとできる人の、将来の姿なのです。

周りから信頼される「誠実な人」ってどんな人?素敵な大人になるための21個の方法

コラム
05 /11 2021
誠実な人の特徴とは
仕事・恋愛・友情、どの状況でも誠実に向き合うことが大切だと話しを聞いたことはありませんか?

誠実な人の特徴は、誠意をもって相手と接することができ、行動ができる人のことをいいます。

そうなるためには、どういった意識や行動をすればいいのでしょうか。本記事では、どんな人が誠実な人であり、そうなるための方法をご紹介していきます。

誠実な人になる方法《仕事》
誠実な人になるには「責任感をもつ」

仕事をするうえで責任のある発言・行動をとると、周囲から評価されやすくなります。

真面目な性格が多いので、最初から最後まで責任をもって仕事をやり遂げることができますよ。

責任感をもって仕事に臨んだ先の達成感を知っている人が多いからでしょう。失敗しても、責任感があれば何度でも立ち上がれます。

誠実な人になるには「約束を守る」

時間やルールを守ることは当たり前と感じますが、複数のタスクなどを抱えていると、約束を守れないといった事態を経験した人もいるでしょう。

そうならないためにも、スケジュール管理を徹底し、その仕事は請け負えるかどうかも判断する必要があります。

約束を守ることで、他者にも迷惑をかけるリスクが減りますよ。

誠実な人になるには「自己管理を徹底する」

誠実な人の多くは、自己管理を徹底しています。早寝早起きや食生活などの見直しなどを行うことで、心身共に安定しやすくなるためです。

欠勤する頻度も少なくなるため、他者に迷惑をかけることもありません。

仕事もプライベートも充実させるためには、こまめにメンテナンス時間を設けることは大切です。

誠実な人になるには「向上心を高める」

現状に満足せずに高みを目指す人は、他者へいい影響をもたらし、信頼もされやすくなるでしょう。

物事をプラスに考えられる性格が多く、自分はできると向上心が高いです。

向上心を高めるということは、現状の自分を客観的に考えられているということでもあります。理想を言うだけではなく、行動に移しましょう。

誠実な人になるには「忍耐力を鍛える」

忍耐力というのは、感情をコントロールできる力です。なので、不条理なことがあった時に、ただ耐え忍んで我慢をするという意味ではありません。

単調な仕事でも意味を見出したり、困難な状況でも前向きに臨むことができる人をいいます。

忍耐力を鍛えるには、気分転換の方法を見つけたり、ネガティブな感情をコントロールしましょう。

誠実な人になるには「想像力を養う」

他者の気持ちを考えて行動するなど、想像力を養うことで仕事の効率化が期待できます。

誠実な人は優しい性格なうえに想像力が豊かなため、他者に対して気遣いができ、信頼にも繋がりやすくなるからです。

想像力を豊かにするには、物事に興味を持つことが大切。物事の背景や他者の観察をすることで、少しずつ想像力を養うことができます。

誠実な人になるには「身の回りを整える」

誠実な人はデスク周りが整っていて、服装も清潔感がある場合が多いです。実直な性格でも、物をぞんざいに扱えば信用されにくくなります。

物を大切に扱い、服装や振る舞いなども意識しましょう。

そういった、周囲から気づいてもらえるようなことでなくても、細やかな心遣いは誠実な人になる一歩です。

誠実な人になる方法《恋愛》
誠実な人になるには「嘘をつかない」

口が達者な人と誠実な人の見分け方は、嘘をつくかつかないかで見極めることができます。相手の立場で考えた末に優しい噓をつくことが必要な時もあります。

しかし、故意に相手を悲しませるような嘘をつくことはしません。パートナーにとって、どのように言ったら幸せになれるのか、考える力を養う必要があります。

誠実な人になるには「素直になる」

性格的にも素直な人が多いです。大人になると照れくささなどもあり、素直な気持ちを表現することが苦手な人もいるでしょう。

素直な気持ちを表現するには、ちょっとしたことから始めるといいですよ。

何かをしてもらった時には「ありがとう」、悪いことをしてしまったら「ごめんなさい」が言えるのも素直な証拠です。

誠実な人になるには「聞き上手になる」
気遣いができる性格が多いので、日常的な会話でも相手の話をよく聞いています。

ただ聞くだけではなく、共感してくれたり、違うと思ったら「こういう考えもあるよ」と教えてくれるでしょう。

それは、相手の立場に立って話を聞いているからこそできること。簡単にできることではありません。

まずは、相手の話を真剣に聞いてみることから始めてみましょう。

誠実な人になるには「気品を身につける」

誠実な人は、品のない言葉選びや行動はしません。立ち振る舞いや言葉にどこか品があり、相手のことを考えた行動をとります。

つまり、気品というのは服装などの外側だけではなく、内側から身につけていく必要があるということです。

気品がある誠実な人は、どんなに親しい相手でも、決して礼儀を忘れずに関係を保つことができますよ。

誠実な人になるには「家族や友人を大切にする」

誠実な人は自分のことだけではなく、家族や友人も大切にしている人が多いです。

それは、大切な人が幸せだと自分も幸せになれることを、認識できているからこそとれる行動といえるでしょう。

愛情深い性格が多いので、パートナーにも自然とそうして接することができます。

大切な家族や友人を大切にすると、自分のことも大切にすることができるでしょう。

誠実な人になるには「余裕をもつ」

自己管理を徹底しているため、心に余裕が生まれます。日々忙しい中でも、リラックスできる時間を設けるなど、自分を大切にしているためです。

余裕がないと自分のことばかり気が取れられてしまい、周囲にまで気が回りません。他者のための言動をとるためには、心にゆとりが必要です。

自分の性格を知り、余裕がなくなってきたら少し休んでみてください。

誠実な人になるには「駆け引きは控えて」

誠実な人は、素直に行動できる人が多いので、恋の駆け引きを行うことはあまりありません。

パートナーのことを試すような行動は、相手を傷つける可能性があるためです。

テクニックとして駆け引きを行ってきた人も控えて、素直に接してみてはいかがでしょうか。

お互い想い合っているのであれば、素直なままでも、きっと素敵な関係が続くはずです。


誠実な人になる方法《友情》
誠実な人になるには「損得勘定で考えない」

誠実な人は、損得で考えることがあまりありません。物事を見返りや利益中心で考えて行動してしまうと、信頼も薄くなってしまうでしょう。

誠実な人は性格上、自分だけでなく周囲のことも考えられる優しさを持ち合わせています。

困っている人がいたら、心から助けたいと考えて行動するので、見返りは求めていません。

誠実な人になるには「愚痴や陰口はスルー」

誠実な人は相手が悲しんだり、傷つくような行動はとらない特徴があります。

優しい性格の人が多いため、傷つく姿を見ることが辛く、愚痴や陰口を言うくらいなら他の方法を探すでしょう。

他者と関わる時に会話のネタとして出てくる愚痴や陰口。

そういった話が出ても乗っかるのではなく、「そういう考えもあるんじゃないかな?」とスルーしてみましょう。

誠実な人になるには「平等に接する」

誠実な人は他者を差別することなく、平等に接するよう心がけています。

友人関係でも立場によっては横柄な態度を取る人がいますが、誠実な人とは遠い存在です。

そうならないためにも、立場の強い・弱いで考えず、その人自身のことを見る癖を身につけましょう。

そうすることで、相手によって態度が変わるといったことも少なくなります。

誠実な人になるには「おもいやりをもつ」

優しく真面目な性格のため、相手を傷つけるような行動は起こしません。どんなに相手が悪い場合でも、おもいやりのある行動がとれるでしょう。

相手の立場に立ちながらも言葉を選んで伝えることが大切です。

なかなか難しいことですが、まずは相手の立場と気持ちを考えてみると伝え方が見つかりやすくなりますよ。

誠実な人になるには「他者の感性を受け入れる」

自分にとってそれほど興味がない事でも、相手にとってはとても大切なものであったり、好きなことってありますよね。

優しい性格が多いので、感性を否定せずに受け入れることができます。他者の感性を受け入れるためには、その物事に興味を持つといいでしょう。

何故それが好きなのかを知ることができれば、自分の視野が広がる可能性もあります。

誠実な人になるには「できる限りのサポートをする」

誠実な人は実直な性格のため、困っている人がいればどんなサポートができるか考え、行動に移します。

ただ「何か手伝おうか?」と口だけ出すのではない、という点がポイントです。

問題が解決するような直接的なサポートでなくても、相手のことを第一に考えて行動してみましょう。

しかし、中には見守ってほしいという場合もあるので、本人に直接聞いてみることをおすすめします。

誠実な人になるには「自分を知る」

信頼される人や好感がもてる人の共通点として、自分のことをよく知っていることが挙げられます。

真面目な性格が多いため、失敗しても分析することができるからでしょう。

自分のことを知らないままでは、感情のままに怒ってしまい、人間関係にヒビが入ることも。

自分を知ることで余裕ができ、相手を想って行動できるので、信頼されやすくなるメリットもあります。

誠実な人の特徴まとめ
誠実な人は性格上、優しく実直で真面目な人が多いです。相手の立場や気持ちに立って考えられる想像力豊かな人なので、信頼にも繋がりやすくなります。

ただ注意していただきたいのは、一歩間違えると負担がかかってストレスを感じてしまうという点です。

なので、こまめにリフレッシュなどしながら、自分を労わる時間も大切にしましょう。特徴を意識しながら、無理がない程度で取り入れてみてくださいね。

ピーターも豪邸を手放し平屋を購入!シニアは2階に寝ないほうがいい3つの理由

生活
05 /10 2021
リビングや水回りなど家族の共有スペースは1階に、寝室や子供部屋など個人のスペースは2階に配置しているという家庭は多いのではないだろうか。しかし、住居で危険が起こりやすい時間帯は「夜」だ。逃げ道が少なく、「階段」という障害物がある2階は危険の温床だった!ピーターの愛称でおなじみの歌手、池畑慎之介(68才)は、一昨年、葉山(神奈川)に持っていた豪邸を手放したという。

◆1階建て住宅「平屋」の着工数が10年で2倍に

 少子化やコロナ禍の影響から、日本の新設住宅着工戸数は年々減り続けている。しかし、その中にあって伸びているものがある。それが1階建て住居、いわゆる「平屋」の着工戸数だ。

 2010年には、居住専用住宅に占める平屋の着工戸数は、わずか6.19%だった。それが2020年には11.2%まで上昇。10年で2倍近い伸びを見せているのだ。なぜ平屋人気が高まっているのか。

◆平屋に引っ越す芸能人も…シニアに平屋がおすすめの理由

 元TBSアナウンサー・山本文郎さん(享年79、2014年逝去)の妻である山本由美子さん(55才)も、今年、平屋に引っ越したばかり。以前は、千葉にある2階建ての家で家族と暮らしていたが、2人の息子も社会人となり、大量に残された文郎さんの遺品整理も兼ねて、引っ越しを決意した。年上の知人から、「60才を過ぎたら、家は小さい方がいい」とアドバイスを受け、都内近郊の平屋を選んだのだ。

「新生活は、ものすごく快適」と由美子さんは語る。

階段の上り下りが無いのが本当に楽

「2階建ての家に住んでいたときは、洗濯がとにかく大変でした。1階にある洗濯機で洗ったら、濡れて重たい洗濯物を抱えて階段を上り、2階のベランダに干す。乾いたら取り込んで、1階のリビングで畳む。その後、再び、2階にある私の寝室や子供たちの部屋まで持って行く。時間も無駄だし、終わった後はヘトヘトでした。平屋は洗濯が本当に楽です」(由美子さん・以下同)  

 若いうちはいいが、洗濯かごを抱えて階段を上り下りすることは、足腰が弱ってくると転倒の危険につながる。

震度4を記録した夜に実感した安心感

 さらに由美子さんが、心底、平屋へ引っ越してよかったと実感したのが、2月13日の深夜に起こった福島県沖地震の際だ。最大震度は6強、東京や千葉でも震度4を記録した。

「先日の地震で、想像以上に人は動揺するものだと感じました。引っ越す前は寝室が2階にあったため、地震が起こると階段を下りて、避難口の確保をする必要がありました。ですが、もし停電した場合、2階だったら、懐中電灯を頼りに階段を下りなければならない。それはあまりにも恐ろしいことです。60才を目前にすると、生活には何よりも安心感がほしいものです。2階に寝室がある場合は、できる範囲で1階に移すことをおすすめします」

◆ピーターさん「らせん階段」に不安を感じ平屋へ

 階段に不安を感じるケースは珍しくない。ピーターの愛称でおなじみの歌手、池畑慎之介(68才)は、一昨年、葉山(神奈川)に持っていた豪邸を手放したという。

 ピーターのこだわりが細部まで詰まった家だったが、骨折して松葉づえ生活になったとき、らせん階段に大きな不安を感じたと明かしている。現在は、建売の平屋を購入し、そこで暮らしているそうだ(『週刊朝日』2021年4月9日号より)。

◆60才過ぎたら2階で寝ないほうがいい3つの理由

 高齢になるほど、住み慣れたわが家は危険な場所となる。日常生活で最も多い事故は、「転ぶ」と「落ちる」で、いずれもほとんどが自宅で起きている。

 東京消防庁の報告では、2019年に管轄地域内で発生した日常生活における事故(交通事故を除く)によって、約14万5000人が救急搬送されており、そのうちの半数以上が65才以上だ。

 同庁が2015年からの5年間に起きた事故の内容を分析したところ、「転ぶ」事故が全体の82.1%を占め、次いで「落ちる」事故が10.5%と続く。いずれも、ほとんどが「住居等居住場所」で起こっている。

1.夜間のトイレに行くときの転倒が最も危険!

 バリアフリーの住宅改修を専門とするリフォーム会社・高齢者住環境研究所社長の溝口恵二郎さんはこう指摘する。

「要介護となった人の自宅をリフォームするとき、『無理して2階に上がって、階段で転倒して骨折した』という話はよく聞きます。一時的な入院で治ればいいですが、骨折したことが原因で寝たきりになり、それがきっかけで認知症を発症するなど、歩けなくなることは高齢者の健康にとって大きな障害となります」

 とはいえ、長年の習慣を変えるのは難しい。「まだ元気だから」と、若いときから変わらず2階を寝室にしている人は多いだろう。しかし高齢になってくると、夜間にトイレへ行く頻度が増えるなど、自分の気持ちとは無関係に危険に身をさらす機会が増えていく。

「寝室が2階にあるのに、トイレは1階にしかないというのはもってのほか。最も転倒しやすいのは、夜間にトイレへ行くときです。昼間ならなんともない段差でも、寝起きでぼんやりしているときは大きなハードルとなります。

3.ヒートショックの危険性も

 また、冬場には、暖かい寝室と寒い階段との温度差によって血圧が激しく変動するヒートショックを起こす危険性もある。もし階段でヒートショックを起こしたら、転落してしまいます。こうした理由から、高齢になってからの住居は寝室とトイレの動線を最短距離にすることが鉄則です」(溝口さん・以下同)  

3.60才以降のリフォームは「増築」ではなく「減築」を

 老後を自宅で過ごすと決めている場合、将来を見据えたリフォームや部屋の配置換えは、まだ体力があるうちに行った方がいい。介護が始まってからでは、建て替え期間中に過ごす場所の確保など、苦労することが多いからだ。

「60才以降のリフォームは、『増築』ではなく、2階を取り払う『減築』が基本の考え方です。大規模な工事をしなくても、2階は不要な物をしまう物置にして、日常生活は1階で完結するように改装すればいいのです」

タマ

FC2ブログへようこそ!
生活全般のことを綴っています。